貸金業の仕組み

貸金業のリスク

貸金業の利益は前述したとおり、融資したお金をしっかりと回収して初めて得られるものです。
ところが、お金を借りるということはその人は貯金などなくギリギリの生活をしているということなので、約束通りに毎月きちんと返済できるかどうかも疑わしいものです。特別なことが何も起こらなければ払えるとしても新たに予定外の出費が必要になった場合はたちまち返済に回すお金がなくなってします。
貸金業者としては、返済してもらえなければ利益を出すどころか赤字になってしまいますので、返済できなくなる可能性のある人にはできれば貸したくないのでしょうが、貸さなければ商売として成り立ちません。ですからリスクを負ってでも融資しなければならないのです。

 

この融資したお金を回収できるかどうかについてのリスクはどんな人にでもあります。
毎月の収入がたっぷりあるような人でも将来その人の身に何が起こるかわかりません。

 

貸金業として業績を上げていくには、融資の申込をしてきたすべての人に対して一人ずつ個別のリスク計算をしなくてはなりません。そのリスク予測を誤ってしまうと事業としてうまくいきません。
ここが貸金業としての最も重要で難しいところなのでしょう。